1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 理学療法
  4. 知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識
  • 知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識

知ってるつもりのリハビリテーションの常識非常識

●A5変型 / 280頁 / 2009年

【編著】安保雅博(東京慈恵医科大学リハビリテーション科)
     橋本圭司(国立成育医療センターリハビリテーション科)

商品コード: ISBN978-4-89590-332-5

本体価格:2,800 円

定価: 3,024 (税込)

商品情報

内容紹介

教科書では学べない臨床の知が詰まった“常識非常識“ブックレットの「リハビリテーション」版がついに登場!
リハビリテーションの分野は多岐にわたり、学ばなければならないことが多くある。医学・人間工学的知見などのリハビリテーション基礎医学は絶え間なく発展しつづけ、医療・福祉・社会制度は目まぐるしく変わり、あるいはチームアプローチ、地域リハビリテーションなどの概念がさまざま切り口から語られる中などで、まだEBMが少ないからこそ試行錯誤しながら、新しいものを学びつつ、変わらず大切な知見を積み上げながら、全人的に包括的によりよいリハビリテーションを進めていかなければならない。
そのような中、強い信念を持ちながらリハビリテーション各分野で活躍するエキスパートの臨床知を集めた本書は、リハビリテーション最新知識のレビューとして、あるいはすぐに役立つ臨床上のコツとして、自らの臨床をより堅固なものとするのにきっと役立つだろう。本書がリハビリテーションに関わる医師やリハビリテーションスタッフにとって、一風変わった左右の銘となればこの上ない喜びである。

目次

第 1 章疾患別リハビリテーションの常識非常識


  1.脳損傷
   ①脳血管障害
   ②脳外傷
   ③蘇生後脳症
   ④脳腫瘍
  2.脊髄損傷
  3.神経筋疾患
  4.運動器疾患
   ①肩関節疾患
   ②手指関節疾患
   ③股関節疾患
   ④膝関節疾患
   ⑤足関節疾患
   ⑥スポーツ疾患
   ⑦上肢切断
   ⑧下肢切断
  5.小児疾患
  6.ポリオとポリオ後症候群
  7.悪性腫瘍




第 2 章障害別リハビリテーションの常識非常識


  1.運動障害
  2.内部障害
  3.排尿障害
  4.摂食・嚥下障害
  5.高次脳機能障害
  6.廃用症候群
  7.褥瘡




第 3 章連携・教育における常識非常識


  1.リハビリテーション医から
  2.理学療法士から
  3.作業療法士から
  4.言語聴覚士から
  5.心理士から
  6.職業訓練士から
  7.看護師から




第 4 章 リハビリテーション関連領域の常識非常識


  1.画像所見
  2.耳鼻咽喉科
  3.歯科・口腔ケア
  4.眼科
  5.泌尿器科
  6.歩行分析
  7.胃瘻
  8.薬物治療
  9.病期に応じたリハビリテーション
   ①急性期リハビリテーション
   ②回復期リハビリテーション
   ③維持期リハビリテーション




第 5 章 地域支援の常識非常識


  1.障害者手帳
   ①身体・知的障害者の手帳
   ②精神障害者保健福祉手帳
  2.福祉機器・住宅改修
   ①装具・(電動)車椅子・福祉機器
   ②住宅改修
  3.在宅支援・地域リハビリテーション

PAGETOP