1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 維持期リハビリテーション―生活を支えるリハビリテーションの展開―
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 維持期リハビリテーション―生活を支えるリハビリテーションの展開―
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 理学療法
  4. 維持期リハビリテーション―生活を支えるリハビリテーションの展開―
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 地域リハ・介護・福祉
  4. 維持期リハビリテーション―生活を支えるリハビリテーションの展開―
  • 維持期リハビリテーション―生活を支えるリハビリテーションの展開―

維持期リハビリテーション―生活を支えるリハビリテーションの展開―

●B5 / 190頁 / 2009年

【編】 日本リハビリテーション病院 ・ 施設協会

商品コード: ISBN978-4-89590-344-8

本体価格:2,600 円

定価: 2,808 (税込)

商品情報

内容紹介

 急速に高齢化が進む社会で、いま、リハビリテーション医療サービスのあり方が問われている。
 高齢者 ・ 障害者は急性期(救急)から早期離床、回復期で集中的にリハビリテーションを行った後、長い地域での生活が待っている。障害を持ちながら地域で安心して生き生きと、自立して暮らすためには、地域づくりも含めた維持期でのリハビリテーションシステムの構築が不可欠である。サービス提供体制や人的資源など、まだまだ十分に整備されているとはいえないが、誰もが迎える最期の刻まで寄り添い、豊かな人生を送れるよう支援することが、維持期リハビリテーションの実践といえる。
 本書は具体的な維持期リハビリテーションサービスの活用事例の紹介、各職種との連携の実際、そして統合的なリハビリテーションサービスが実施できる体制や将来のあるべき姿を提言している。
 目まぐるしく変わる制度の中で、地域や利用者のことを第一に考え、熱意と愛情を持って維持期リハビリテーションに取り組んでいるすべての人への支援となる一冊。

目次

第Ⅰ章 維持期リハビリテーション
1 維持期リハビリテーションとは
  ─維持期におけるリハビリテーションの必要性と役割 / 浜村明徳 
2 さまざまなリハビリテーション ・ サービス
 ① 訪問リハビリテーション / 伊藤隆夫 
 ② 通所リハビリテーション / 矢野浩二 
 ③ 短時間通所リハビリテーション / 岡野英樹 
 ④ 老人保健施設 / 山田和彦 
 ⑤ 療養型病床 / 中間浩一 
 ⑥ 特別養護老人ホーム / 松田 修 
 ⑦ 短期入院 / 岡持利亘 
 ⑧ ショートステイ(短期入所療養介護) / 斉藤正身 




第Ⅱ章 維持期リハビリテーションの現状と課題
1 日本リハビリテーション病院 ・ 施設協会
   維持期リハビリテーション検討委員会からの報告 / 土田昌一 
2 全国老人デイ ・ ケア連絡協議会からの報告 / 井上 崇 
3 全国訪問リハビリテーション研究会からの報告 / 伊藤隆夫 
4 日本リハビリテーション病院 ・ 施設協会
   認知症等検討小委員会からの報告 / 平井基陽 
5 厚生労働省老人保健事業研究班からの報告 / 岡持利亘 




第Ⅲ章 地域につなぐためのリハビリテーション ・ システム
1 求められるリハビリテーション ・ システム / 斉藤正身 
2 連携
 ① 急性期 ・ 回復期から維持期への連携 / 小泉幸毅 
 ② 連携におけるソーシャルワーカーとケアマネジャーの役割 / 井上 崇 
 ③ 各職種 ・ サービスとの連携 / 岡持利亘 




第Ⅳ章 やすらかな最期を迎えるために
やすらかな最期を迎えるために─終末期リハビリテーション / 大田仁史 

PAGETOP