1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 動画でわかる! 熱可塑性スプリント作製マニュアル―基礎から臨床応用まで
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 動画でわかる! 熱可塑性スプリント作製マニュアル―基礎から臨床応用まで
  • 動画でわかる! 熱可塑性スプリント作製マニュアル―基礎から臨床応用まで

動画でわかる! 熱可塑性スプリント作製マニュアル―基礎から臨床応用まで

●「熱可塑性スプリント作製マニュアル」DVD付 <収録時間110分>

●B5 / 100頁 / 2012年

【編著】 坪田貞子 (北海道文教大学 人間科学部)
【著者】 白戸力弥 (札幌医科大学附属病院 リハビリテーション部)
     仙石泰仁 (札幌医科大学 保健医療学部)
     坂上真理 (札幌医科大学 保健医療学部)

商品コード: ISBN978-4-89590-414-8

本体価格:4,200 円

定価: 4,536 (税込)

商品情報

内容紹介

  リハビリテーション医療の中でもハンドスプリントは、手の機能障害の治療手段として広く用いられ、上肢の機能障害に関連する拘縮、手の変形矯正、消炎を目的にした安静スプリントや術後の治療など幅広いニーズがある.近年、外注に依頼することも多いと聞くが、セラピストが作製する最大の利点として、浮腫などのリアルタイムな変化に対し、随時修正・調整することできるところであろう.最適な装着時期を逃さず、効果的な治療を可能とするスプリントは、セラピストにとって必要不可欠な技術であるといえる。
  本書では、臨床現場などでモデリング(採型)が簡便な熱可塑性プラスチック素材を用い、基礎的なカックアップスプリントから治療でよく使用されるスワンネック変形用スプリント、ボタン穴変形用スプリント等までを、初心者が迷わず作製できるようステップアップごとに、写真と動画のみで理解できるように分かりやすく解説してある。また、主にドレープ法およびピンチ&ラップ法といった作製方法を用いることで、完成までの時間短縮を意識した現場の要望にも応えた内容である。
  これから学習する学生にとって、また今まで難しく感じ避けてきた臨床家にとっても、技術習得と向上を叶える最適な1冊である。

目次

Ⅰ スプリントの目的と作製上の留意点 / 坪田貞子
  
Ⅱ スプリント作製の原則―力学的視点から / 白戸力弥
  
Ⅲ スプリント作製のための材料の種類と特性 / 白戸力弥
  
Ⅳ スプリント作製に必要な道具 / 坪田貞子,坂上真理
  
Ⅴ スプリント作製のためのStep Up
  Step1 準備編―採寸とフィッティング
    1.スプリントの主な作製テクニック / 白戸力弥
    2.採寸の基本 / 坪田貞子,白戸力弥
    3.ストラッピングテクニック / 坪田貞子
    4.フィッティングチェック / 坪田貞子,仙石泰仁
  Step2 基本編―基本型スプリント作製の実際
    1.掌側カックアップスプリント / 坪田貞子
    2.背側カックアップスプリント / 坪田貞子
  Step3 応用編―基本にトラクションを加えて動的装具に応用
    1.アウトリガー付PIP関節伸展補助スプリント / 白戸力弥
  Step4 臨床編―よく処方されるスプリント作製の実際
    1.マレットフィンガー用スプリント / 白戸力弥
    2.スワンネック変形用スプリント / 白戸力弥
    3.ボタン穴変形用スプリント / 白戸力弥
    4.TFCC損傷用アルナーガタースプリント / 白戸力弥
    5.安全ピンスプリント / 白戸力弥
    6.ショート・サム・スパイカ・スプリント / 白戸力弥
    7.屈筋腱修復後の修正クライナートスプリント / 坪田貞子
  
Ⅵ スプリント療法を成功させるための患者指導・装着方法 / 坪田貞子,仙石泰仁

DVD目次

 ●掌側カックアップスプリント
 ●背側カックアップスプリント
 ●アウトリガー付PIP関節伸展補助スプリント
 ●マレットフィンガー用スプリント
 ●スワンネック変形用スプリント
 ●ボタン穴変形用スプリント
 ●TFCC損傷用アルナーガタースプリント
 ●安全ピンスプリント
 ●ショート・サム・スパイカ・スプリント
 ●屈筋腱修復後の修正クライナートスプリント
 ●肘関節伸展位保持用スプリント

PAGETOP