1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. だから、作業療法が大好きです!
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. だから、作業療法が大好きです!
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 読み物・エッセイ・対談
  4. だから、作業療法が大好きです!
  • だから、作業療法が大好きです!

だから、作業療法が大好きです!

A5 / 114頁 / 2012年
【著】 葉山 靖明

商品コード: ISBN978-4-89590-411-7

本体価格:2,000 円

定価: 2,160 (税込)

商品情報

内容紹介

「生活行為向上リハビリテーション」
その本質は、本書からも伝わってきます


 本書は葉山さんが病に倒れ、その後、人として役割をもち、自分らしく生きた6年間の自分史である。
 17項目にわたるテーマは、漬物づくりや門松づくり等(中略)であるが、利用者と葉山さん、森OT、ボランティアの皆様の関わりは、なるほどこのようにすれば「主体的な作業療法」を獲得できるのかと納得させるものがある。
 「作業ができない」ことの意味、それをどのようにしたら取り戻せるのか、その中での作業療法士の役割と必要性等が、実にわかりやすく語られている。
 ……本書の社会的な意味は、作業療法の「普遍化」と作業療法士への提言であると思う。慈愛と尊厳に満ちた作業療法という取り組みを、再度、作業療法士自らが見直し、国民の皆様に愛される作業療法士であり続けたいと思う(「刊行によせて」中村春基・日本作業療法士協会会長 より)
 

目次

デイサービスけやき通りの風景
刊行によせて
まえがき
   
1 My Meaningful Occupation
2 門松づくりは「意味のある作業」
3 野菜づくりとストレスマネジメント作業療法と
4 パソコンリハビリと生きる力との関係
5 懐かしの「昭和の学校」コーナー
6 George Edward Barton氏が伝えようとしたこと
7 アウトドアマンの再始動
8 認知症の作業療法は魔法です
9 葉っぱビジネスの作業
10 書道と尊厳
11 城西ヶ丘のあしながおじさん
12 漬物リハビリから考察したこと
13 生きることについての,ある教職者からの教え
14 私の時期別作業療法観
15 ご近所さんが伝える煎茶文化・音楽文化・南米文化
16 2012・睦月・葉山靖明
17 未来の作業療法士へ
   
対談
  当事者からみた作業療法の魅力 / 葉山靖明・中村春基
   
《作業療法士の視点から / 森 由江》
  「意味のある作業」にするために
  “こころ”に触れる関わりを
  作業を「生きる力」に
  作業療法で「生き返る」
  自信を取り戻す“作業”
  能力はよみがえる
  作業の意味
  主体的に取り組むことの大切さ
   

PAGETOP