1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. ヤンダアプローチ―マッスルインバランスに対する評価と治療
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 理学療法
  4. ヤンダアプローチ―マッスルインバランスに対する評価と治療
  • ヤンダアプローチ―マッスルインバランスに対する評価と治療

ヤンダアプローチ―マッスルインバランスに対する評価と治療

●B5 / 320頁 / 2013年
    
【著者】 Phil Page, Clare C.Frank, Robert Lardner
【監訳】 小倉 秀子
  

商品コード: ISBN978-4-89590-431-5

本体価格:4,800 円

定価: 5,184 (税込)

商品情報

内容紹介

 ヤンダ(本名ブラディミア・ヤンダ)とはチェコの神経学者であり、医学部を卒業後、理学療法士を志し、セラピーと医学を結びつけたアプローチを行う最初の医師である。そのため、彼のことを「リハビリテーションの父」と呼ぶ。
 ヤンダが考案したヤンダアプローチとは、従来の解剖学や生体力学に基づいた身体構造の損傷に対する構造的アプローチとは対照的である。感覚システムおよび運動システムの障害によって起こる機能障害に着目し、これにより生じるマッスルインバランスに神経・筋骨格系からアプローチする治療である。
 臨床現場の一つの道具として、慢性疼痛患者を一人でも多く救ってほしい。

目次

監訳者の序文
日本語版の出版に際して
序文
賛辞
  
PARTⅠ マッスルインバランスの科学的基礎
  第1章 マッスルインバランスに対する構造的アプローチと機能的アプローチ
    内在機能と外在機能
    機能と病態におけるマッスルバランス
    マッスルインバランスの概念
    まとめ
  
  第2章 感覚運動システム
    感覚運動のハードウェアとソフトウェア
    姿勢安定性と関節安定化の神経筋的側面
    固有感覚の病態
    まとめ
  
  第3章 連鎖反応
    関節の連鎖
    筋連鎖
    神経学的連鎖
    まとめ
  
  第4章 筋骨格系疼痛と
    マッスルインバランスの病態力学
    筋骨格系疼痛の病態
    マッスルインバランスの病態力学
    筋の硬さ・弱さの原因
    ヤンダのマッスルインバランスの分類
    まとめ
  
PARTⅡ マッスルインバランスの機能評価
  第5章 姿勢,バランス,歩行分析
    立位姿勢における筋の分析
    バランスの評価
    歩行の評価
    まとめ
  
  第6章 運動パターンの評価
    ヤンダの基本的運動パターン
    ヤンダのテストを補足する追加の運動テスト
    選択的徒手筋力テスト
    まとめ
  
  第7章 筋の長さテスト
    筋の長さの評価法
    下肢帯の筋群
    上肢帯の筋群
    過可動
    まとめ
  
  第8章 軟部組織の評価
    トリガーポイントの特徴
    トリガーポイント連鎖と圧痛点連鎖の評価
    瘢痕
    筋膜
    まとめ
  
PARTⅢ マッスルインバランスに対する治療
  第9章 末梢構造の正常化
    中枢神経系による間接的なテクニック
    局所への直接的テクニック
    まとめ
  
  第10章 マッスルバランスの改善
    筋弱化の要因
    筋弱化に対する治療テクニック
    筋の硬さの要因
    筋の硬さに対する治療テクニック
    まとめ
  
  第11章 感覚運動トレーニング
    ヤンダの治療における感覚運動トレーニングの役割
    感覚運動トレーニングの要素
    感覚運動トレーニングの進行
    まとめ
  
PARTⅣ 臨床的症候群
  第12章 頸部痛症候群
    局所の考慮点
    一般的な病態
    ケーススタディ
    まとめ
  
  第13章 上肢の疼痛症候群
    局所の考慮点
    評価
    一般的な病態
    ケーススタディ
    まとめ
  
  第14章 腰部疼痛症候群
    局所の考慮点
    一般的な病態
    評価
    腰痛の管理
    ケーススタディ
    まとめ
  
  第15章 下肢の疼痛症候群
    局所の考慮点
    評価
    一般的な病態
    ケーススタディ
    まとめ
    
文献
索引
著者紹介
  

PAGETOP