1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 図説 訪問リハビリテーション―生活再建とQOL向上
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 図説 訪問リハビリテーション―生活再建とQOL向上
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 理学療法
  4. 図説 訪問リハビリテーション―生活再建とQOL向上
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 地域リハ・介護・福祉
  4. 図説 訪問リハビリテーション―生活再建とQOL向上
  • 図説 訪問リハビリテーション―生活再建とQOL向上

図説 訪問リハビリテーション―生活再建とQOL向上

●B5 / 236頁 / 2013年
    
【編著】 訪問リハビリテーションセンター清雅苑
    
正誤表および修正項目【PDF】

商品コード: ISBN978-4-89590-440-7

本体価格:3,600 円

定価: 3,960 (税込)

商品情報

内容紹介

 介護保険制度が創設されるより以前から訪問リハに介入してきた清雅苑は、訪問リハの歴史が20年をかぞえる。その長きにわたる日々の実践と頻繁な勉強会開催など、たゆまない研鑽により蓄積されたノウハウをまとめあげたものが本書である。リハの実践的技術はもちろん、心構え、効果、制度、コスト管理など訪問リハに必要な事項がすべて網羅された内容となっている。さらにふんだんなイラストを用いて解説がなされており、訪問リハの初心者にもベテランにも十二分に活用いただける構成となっている。よりよい訪問リハサービス提供をたしかなものにしてくれる本書は、訪問リハに携わる方であれば、誰もが持っていたい、たいへんお薦めの1冊である。

目次

第1章 訪問リハビリテーションを理解するための基本的事項
  訪問リハビリテーションの歴史
  訪問リハビリテーションの位置づけ・役割・ゴール  
  生活期における訪問リハビリテーションー対象者の特性を捉える視点
      
第2章 訪問リハビリテーションの評価とアプローチ  
  訪問リハビリテーションに必要なメディカルチェック  
  事例から考える 
  運動機能  
  認知機能 
  睡眠  
  食事  
  排泄(1) : トイレでの排泄  
  排泄(2) : トイレ以外での排泄  
  整容  
  更衣  
  入浴  
  IADL  
  外出  
  就労   
  3次活動
      
第3章 生活期における訪問リハビリテーションの連携
      
第4章 訪問リハビリテーションの効果
      
第5章 訪問リハビリテーションの制度
      
第6章 訪問リハビリテーションの流れー直接業務と間接業務
      
第7章 訪問リハビリテーションの管理業務  
  コスト管理  
  リスク管理  
  書類・記録管理  
  スケジュール管理  
  スタッフ管理  
  営業
      
第8章 訪問リハビリテーションの事例  
  脳卒中例(1) : コミュニケーションへの支援  
  脳卒中例(2) : 職場までの移動手段の支援  
  脊髄性小児麻痺 : 廃用症候群への支援  
  パーキンソン病 : Wearing OFFが著明な利用者への生活支援  
  脊髄性小児麻痺 : 生活圏の拡大支援  
  多発性骨端部異形成症:独居生活への支援  
  進行性胃がん : ターミナル期の支援
      
索引  

PAGETOP