1. TOP
  2. 書籍
  3. 研修医
  4. こうすればできる 研修医基本手技【第2版】
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 看護
  4. こうすればできる 研修医基本手技【第2版】
  • こうすればできる 研修医基本手技【第2版】

こうすればできる 研修医基本手技【第2版】

●B5 / 134頁 / 2006年 / 【DVD付】
【編集】 橋爪 誠(九州大学大学院医学研究院災害・救急医学教授) / 福井次矢(聖路加国際病院院長)

商品コード: ISBN978-4-89590-243-4

本体価格:4,500 円

定価: 4,860 (税込)

商品情報

内容紹介

臨床医・看護師が確実にマスターしなければならない「基本手技」を書籍とDVDで解説。書籍では実技のビジュアルを中心に手順、コツ、ピットフォールなどを詳細に記述。DVDではベテランの医師・看護師がナレーションとともによりわかりやすく実演し、本だけでは理解できなかった部分が見ているうちに身につく。
第2版では「心肺蘇生法(BLS)」を全面書き換え、「糸結び」を詳細に解説、「自動体外式除細動器(AED)」「心電図のとり方」「腰椎穿刺(髄液採取)」の項目を新たに追加。全診療科の研修医や専門医師のみならず、看護師やコメディカル・スタッフにも日常診療業務に役に立つ1冊となっている。

目次

第1章 心肺蘇生法
  1. BLS(Basic Life Support)
    意識(反応)の有無の確認
    通報(協力者集め)
    気道確保
    呼吸の確認
    換気
    脈拍の確認
    胸骨圧迫式心マッサージ
    自動体外式除細動器(AED)
  2.ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)
    気道確保
      バッグ(バルブ)マスク換気/経鼻エアウェイ/経口エアウェイ/
      気管挿管/経口気管挿管/輪状甲状軟骨間穿刺と換気
    循環管理
      心電図のとり方/心電図診断/心停止(頸動脈が触れない)の心電図/
      頻脈/徐脈
    血管確保
      動脈確保(橈骨動脈カニュレーション法)/中心静脈確保/
      中心静脈確保・鎖骨下静脈経路/中心静脈確保・内頸静脈経路/
      中心静脈確保・大腿静脈経路/静脈確保・大伏在静脈切開法
    ACLS VFアルゴリズム デモ
第2章 注射法
    皮内注射法/皮下注射法/筋肉注射法/静注法
    小児に対する注射法
      静脈採血部(部位と方法)/動脈採血部(部位と方法)
第3章 採血法
第4章 血液検査法
    臨床検査のピットフォール
    血液型判定試験 総論
    交差適合試験(クロスマッチ法)
第5章 体腔穿刺法
    胸腔穿刺術
    腹腔穿刺術
    腰椎穿刺術(髄液採取)
第6章 応急手当
    出血の場合
      止血法/タンポン法/支配動脈の圧迫/緊縛法/手術的永久止血法
    骨折の場合
      ギプスシーネ固定法/シーネの作成/ソフトロール包帯/
      グラスファイバー、石膏/包帯固定
    脱臼の徒手整復
      顎関節脱臼/肩関節脱臼/橈骨骨頭脱臼
第7章 外傷の処置
    創処置の仕方
    鋼線牽引
第8章 熱傷の処置
第9章 局所麻酔法
    局所・領域麻酔
      指の伝達麻酔/局所浸潤麻酔に用いられる薬剤
第10章 皮膚縫合
    皮膚縫合の手順
      糸結び/器械結び
    縫合の種類
      結節皮内縫合(真皮縫合)/埋没縫合/定位縫合/U字縫合/
      抜糸/皮膚牽引固定法
第11章 皮膚切開排膿
      膿瘍/皮膚切開排膿
第12章 導尿、浣腸の仕方
  1.導尿
    尿道カテーテル法
      カテーテル挿入法(男性)/カテーテル挿入法(女性)
  2.浣腸
    グリセリン浣腸法
    ディスポーザブル浣腸器法
    高圧浣腸法
第13章 胃管の挿入
    経鼻胃管
第14章 外科的手洗い、無菌操作
    外科的手洗い
    無菌操作
      手術衣・手袋の着用法

PAGETOP