1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 障害者のシーティング
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 障害者のシーティング
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 理学療法
  4. 障害者のシーティング
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 地域リハ・介護・福祉
  4. 障害者のシーティング
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 看護
  4. 障害者のシーティング
  • 障害者のシーティング

障害者のシーティング

B5 / 170頁 / 2014年
【編著】 廣瀬秀行、清宮清美

商品コード: ISBN978-4-89590-485-8

本体価格:3,300 円

定価: 3,564 (税込)

商品情報

内容紹介

姿勢を整えて生活をかえる―シーティングの知識の核を見開きでコンパクトに解説


シーティングとは、「車椅子」の「椅子」の機能を利用者に適合・調整することをいう。
用具に利用者をあわせるのではなく、利用者の身体寸法に用具をあわせることを基本とし、さらに生活全般まで評価し適合していくものである。
これまで定性的だったシーティングを定量的に評価していくための第1歩となる1冊。
本書では、43のシーティング技術と10の疾患へのシーティングの例を見開きでコンパクトに紹介することで、むずかしいイメージのあるシーティングをわかりやすく解説した。

目次

読む前の用語の定義について

第1章 制度と給付
 1.制度と給付の概論
 2.障害者総合支援法
 3.補装具
 4.判定

第2章 評価・製作過程
 1.評価・製作過程の概論
 2.座位能力分類
 3.マット評価
 4.アウトカム
 5.褥瘡リスクの評価
 6.適合
 7.接触圧
 8.姿勢計測

第3章 車椅子関連構造
 1.車椅子関連構造の概論
 2.車椅子
 3.クッション
 4.ティルト・リクライニング
 5.車椅子,座位保持装置,車椅子クッションの規格

第4章 座位保持・シーティング
 1.座位保持・シーティングの概論
 2.頭頸部支持
 3.体幹支持(背支持・側方支持・腰部支持)
 4.座支持
 5.足部支持(膝も含む)
 6.上肢支持,大腿内側支持
 7.ベルト
 8.モールド型

第5章 疾患別のシーティング
 1.疾患別のシーティング概論
 2.頸髄損傷に対するシーティング
 3.小児脳性まひに対するシーティング
 4.成人脳性まひに対するシーティング
 5.筋ジストロフィーに対するシーティング
 6.二分脊椎に対するシーティング
 7.パーキンソン病に対するシーティング
 8.筋萎縮性側索硬化症に対するシーティング
 9.切断に対するシーティング(脊髄損傷を含む)
 10.脳血管障害のシーティング

第6章 電動車椅子
 1.電動車椅子の概論
 2.電動車椅子
 3.高機能電動車椅子
 4.入力装置
 5.操作練習
 6.小児電動車椅子
 7.成人電動車椅子

第7章 クリニック運営
 1.クリニック運営の概論
 2.車椅子の選定・適合の実施手順
 3.医療機関における運営
 4.介護・看護・家族への指導

第8章 ADL,QOLとシーティング
 1.ADL,QOLとシーティングの概論
 2.車載座位保持装置
 3.自動車運転時のシーティング
 4.脊髄損傷者の褥瘡
 5.スポーツとシーティング
 6.コミュニケーションとシーティング
 7.嚥下とシーティング

付 録
索 引

PAGETOP