1. TOP
  2. 雑誌
  3. 作業療法ジャーナル
  4. 【月刊】作業療法ジャーナル 49巻 4号
  • 【月刊】作業療法ジャーナル 49巻 4号

【月刊】作業療法ジャーナル 49巻 4号

■特集
最期までその方らしく生きることへの支援

終末期における作業療法
小児領域における終末期の作業療法
在宅における終末期作業療法の実践
特別養護老人ホームでの終末期作業療法
障害高齢者における終末期の作業療法

商品コード: 14047

本体価格:1,750 円

定価: 1,925 (税込)

商品情報

目次

■特集
最期までその方らしく生きることへの支援

終末期における作業療法・・・福田卓民,中村利江子,田中将人,石亀智洋
小児領域における終末期の作業療法・・・鴨下賢一,黒澤淳二,岸本晴和
在宅における終末期作業療法の実践・・・坂口聡子,岩野 歩
特別養護老人ホームでの終末期作業療法・・・野尻明子,京極久美子
障害高齢者における終末期の作業療法・・・山口淳子,橋戸孝枝,西澤 賢,渡辺浩司,関本有華,小池沙由里

■講座
作業療法研究と倫理 第4回
研究発表に必要な著作権の知識・・・野間 豊

■連載
脳血管障害者への心理社会的援助メソッド入門 最終回
心理社会的援助メソッドの構成・・・小林幸治

覗いてみたい!? 先輩OTの頭の中 第1回
高次脳機能障がい者の自動車運転にかかわる中で-対象者の発言に耳を傾けながらみえてきたもの・・・酒井英顕

■あなたにとって作業療法とは何ですか? 第4回・・・澤 俊二

■研究
模擬的買い物訓練が要介護高齢者の認知機能に与える影響・・・小枝周平,澄川幸志,小池祐士,大屋めい,工藤洋子

■提言
経験を楽しむ・・・林 辰博

■学会長・大会長・学術集会長の言葉
第49回日本作業療法学会開催にあたって・・・古川 宏
第50回日本理学療法学術大会開催にあたって・・・内山 靖
第16回日本言語聴覚学会開催にあたって・・・遠藤佳子
第52回日本リハビリテーション医学会学術集会開催にあたって・・・里宇明元

■Topics
大輝くんの回復を信じて・・・土居愛里

■協会長対談
吉村紳一氏に聞く 脳神経外科治療と医療連携の可能性-脳を救うための連携(前編)・・・吉村紳一×中村春基

表紙のことば

「牡丹と鯉」 松重一枝

 脳出血で右片麻痺になり,退院して3週間後に右大骨頸部骨折で再度入院しました.退院後,何もする気力がなかったとき,息子に「このままではダメになる」と言われたことをきっかけに,脳出血になる1 年半前に習いはじめたクロス刺繍を左手だけでやりはじめました.はじめは小さい作品でしたが,通所リハの作品展に毎年出品するうちに,大きな作品にも取り組むようになりました.今回の作品は,今までで最もサイズが大きく,糸の色数も多いもので,完成に6カ月半かかりました.

PAGETOP