1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 臨床OT ROM治療 運動・解剖学の基本的理解から介入ポイント・実技・症例への展開
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 臨床OT ROM治療 運動・解剖学の基本的理解から介入ポイント・実技・症例への展開
  • 臨床OT ROM治療 運動・解剖学の基本的理解から介入ポイント・実技・症例への展開

臨床OT ROM治療 運動・解剖学の基本的理解から介入ポイント・実技・症例への展開

B5 / 256頁 / 2015年
【編集】 山本伸一 (山梨リハビリテーション病院)

商品コード: ISBN978-4-89590-509-1

本体価格:4,200 円

定価: 4,620 (税込)

商品情報

内容紹介

作業療法士として、これだけは知っておきたい !
解剖・運動学に基づいたROM治療


関節可動域(以下ROM)への介入は、今も変わらず作業療法の臨床で行われている治療である。
ROM治療は、関節の可動域の問題だけを解消するのではない。それにまつわる感覚-知覚運動、活動範囲や精神的波及などまで影響があり、見過ごしてはならないアプローチのひとつである。
しかしながら、それに対して特化した作業療法の書籍はまだ存在していない。
本書は、これらの介入に対する指針を示すことを目的に、基本的知識から実技までを解説した作業療法士必携の1冊。

目次

序文

第Ⅰ部 総論
解剖・運動学に基づいたROM治療とは

第Ⅱ部 上肢・体幹の構造とROM治療
1. 肩甲帯-肩関節
2. 肩関節
3. 肘関節
4. 手関節
5. 手
6. 体幹(骨盤周辺)

第Ⅲ部 下肢の構造とROM治療
1. 股関節
2. 膝関節
3. 足関節

第Ⅳ部 症例報告-疾患別ROM治療の実践
1. 上腕骨骨折
2. 橈骨遠位端骨折
3. 拘縮肩
4. 脳血管障害-上肢(肩甲帯)
5. 脳血管障害-上肢(手)
6. 脳血管障害-下肢
7. 脊髄損傷
8. 関節リウマチ

PAGETOP