1. TOP
  2. 書籍
  3. 臨床医学 : 外科系
  4. 脳神経外科学
  5. MISt手技における経皮的椎弓根スクリュー法―基礎と臨床応用
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 臨床医学 : 外科系
  4. 整形外科学
  5. MISt手技における経皮的椎弓根スクリュー法―基礎と臨床応用
  • MISt手技における経皮的椎弓根スクリュー法―基礎と臨床応用

MISt手技における経皮的椎弓根スクリュー法―基礎と臨床応用

B5 / 284頁 / 2015年
【監修】
日本MISt研究会
【編集】
星野雅洋 (苑田会東京脊椎脊髄病センター・センター長)
佐藤公治 (名古屋第二赤十字病院・副院長)
齋藤貴徳 (関西医科大学附属滝井病院整形外科・教授)
有薗 剛 (九州中央病院整形外科・部長)
石井 賢 (慶應義塾大学医学部整形外科学教室・講師)

商品コード: ISBN978-4-89590-532-9

本体価格:12,000 円

定価: 12,960 (税込)

商品情報

内容紹介

最小侵襲脊椎安定術の粋を極めた実践書!


 最小侵襲脊椎安定術{minimally invasive spine stabilization:MISt(ミスト)}の中でも特に注目されているのが、2005年にすでに日本でも導入されていた最小侵襲脊椎固定術の一つである経皮的椎弓根スクリュー(percutaneous pedicle screw:PPS)法である。その後のPPS法の発展は目覚ましいものがあり、当初は腰椎変性疾患に対する1椎間または2椎間の固定術に導入されたが、現在では多椎間の変性疾患はもとより、脊椎外傷、脊椎感染、転移性脊椎腫瘍などへの応用が広まってきている。さらには脊柱変形への応用が行われている。
 PPS法は従来法と異なり、低侵襲性以外にも、筋肉やレトラクターなどに邪魔されないスクリューの刺入方向の自由度・引き抜き強度、隣接椎間障害・感染の発生率などにおいて有利である。
 そういった理由から実際にPPS法の普及が進んでいるが、その手技は決して簡単なものではなく、一定のトレーニングを必要とする。日本ではキャダバーを使用した手術トレーニングが一部で始まったが、多くの医師が海外でトレーニングを受けている現状がある。その絶対数は必ずしも多いわけではなく、不十分なトレーニング環境が継続している状況である。
 さらに、成書もなく、雑誌に掲載された特集論文やメーカーが提示するパンフレット的なものなどしかない。
 そこで、日本MISt研究会の発起人5名が編集者となり、経験豊富な第一線のスペシャリストと新進気鋭の脊椎外科医が執筆した教科書・実践書となる手術手技書を出版する運びとなった。執筆者が携わった器具をはじめとする開発の歴史から将来展望までをも網羅した唯一無二の成書である。目次には、手術に必要な解剖、器具の工夫を含めた刺入法(基本編とアドバンス編)、適応が広がっている各種疾患への応用、X線被曝などに対する安全性への取り組み、椎体前壁穿破・ルースニング・誤刺入・硬膜損傷・術後感染・術後血腫などのトラブルシューティング、刺入困難例への対処、頚椎への使用(トレーニング方法も含めて)などの項目が盛り込まれている。各種疾患への応用の章では、適応、アプローチ、レトラクターの設置、除圧、椎間板操作、骨移植、PPSの種類・特徴と手技の工夫、固定範囲、治療成績、従来法との比較、注意点などについて、術者自身の方法を具体的に記載している。また、術者により、少しずつ手術手技が違うことを勘案し、1つの項目を複数の脊椎外科医が執筆した項目もある。
 低侵襲化への流れの中で、de facto standardともいえるこの手術手技をぜひマスターしてほしい。そして、より低侵襲な手術手技や器具などを次に開発できるのは、本書の読者かもしれない。

目次

A章 総論
 1 経皮的椎弓根スクリュー(PPS)法の意義・目的・・・佐藤公治
 2 PPS法の歴史(注射器を使用したスクリュー刺入も含めて)・・・富田 卓
 3 PPS法に必要な解剖・・・石井 賢・磯貝宜広
 4 傍脊柱筋損傷・・・有薗 剛

B章 PPS刺入法
 1 PPS刺入法(基本編)
  1)X線透視のみを使用した刺入法・・・星野雅洋
  2)ナビゲーションシステムを使用した刺入法・・・鵜飼淳一
  3)O-arm®を使用した刺入法・・・小谷善久・Gonchar Ivan・栃尾淳一・高野正幹・佐藤周平
  4)X線透視を使用しない刺入法―X線被曝の減少を目指して開発したLICAP法・・・齋藤貴徳・谷口愼一郎・石原昌幸・谷 陽一・朴 正旭
 2 PPS刺入法(アドバンス編)
  1)胸椎・胸腰椎移行部への刺入のコツ―胸椎PPS法の応用・・・中西一夫・長谷川 徹
  2)仙骨への刺入(S1スクリュー刺入)のコツ・・・蜂谷裕道
  3)経皮的S2 alar iliacスクリュー(S2AIS)刺入のコツ・・・船尾陽生・Khaled M Kebaish・福田健太郎・松本守雄・石井 賢
  4)最小侵襲多椎間固定(MIS-long fixation)におけるPPS刺入とロッド挿入のコツ・・・篠原 光・小林俊介・曽雌 茂
  5)PPSとCBTスクリューの連結のコツと工夫・・・松川啓太朗

C章 各種疾患への応用
 1 腰椎変性疾患
  1)MIS-TLIF/PLIF(私のMIS-TLIF/PLIF)
   (1)チューブレトラクターを使用したMIS-TLIF・・・和田明人
   (2)骨移植にこだわったMIS-PLIF・・・有薗 剛
   (3)PPS法を応用したMIS-TLIF・・・中野恵介
   (4)Mini-Open TLIFのコンセプトとPPS法の応用・・・玄 奉学
  2)MIS-PLF―経筋膜的刺入PPS併用椎間関節固定術・・・宮下智大・安宅洋美・加藤 啓・丹野隆明
 2 脊椎外傷
  1)破裂骨折
   (1)破裂骨折に対するモノアキシャルPPSシステムを使用したMISt・・・小林俊介・篠原 光・曽雌 茂
   (2)破裂骨折に対する経皮的Schanzスクリューを使用したMISt・・・菊地 剛・伊藤康夫・尾崎修平
  2)脱臼骨折
   (1)AO分類にもとづく脱臼骨折に対するMISt・・・松森裕昭
   (2)脱臼骨折に対するMIStの適応と限界・・・中野正人
  3)びまん性特発性骨増殖症に対するMIS-long fixation・・・岡田英次朗
 3 脊椎骨盤外傷―骨盤輪骨折に対するMISt手技を使用した手術・・・伊藤康夫・菊地 剛・尾崎修平
 4 脊椎感染症
  1)感染性脊椎炎に対するMISt・・・石原昌幸・齋藤貴徳
  2)脊椎感染症に対するPPS法・・・石原慎一・石井 賢
 5 転移性脊椎腫瘍
  1)転移性脊椎腫瘍に対するMIStの応用・・・中西一夫・長谷川 徹
  2)転移性脊椎腫瘍に対するMISt手技の実際・・・日方智宏・石井 賢
 6 骨粗鬆症性椎体骨折に対するPPS法の応用・・・星野雅洋
 7 腰椎変性後側弯症のPPS法による矯正固定術・・・齋藤貴徳・谷口愼一郎・石原昌幸・谷 陽一・朴 正旭
 8 脊柱変形(PSOへの応用)・・・富田 卓
 9 XLIF®との併用(変形,変性疾患など)
  1)変形に対するXLIF®の手術手技の実際と合併症予防のコツ・・・齋藤貴徳・谷口愼一郎・石原昌幸・谷 陽一・朴 正旭
  2)腰椎変性すべりに対するXLIF®・・・蜂谷裕道
  3)脊椎感染,腫瘍,骨折に対するXLIF®およびXLIF® corpectomyの応用・・・篠原 光・小林俊介・曽雌 茂
 10 OLIFとの併用(変形,変性疾患)
  1)成人脊柱変形に対するOLIFとPPS法の併用・・・金子慎二郎
  2)腰椎変性すべり症に対するOLIF併用脊椎固定術・・・岡田英次朗
 11 内視鏡手術との併用・・・大森一生

D章 安全性への取り組み
 1 S-ワイヤーの利用・・・石井 賢
 2 ナビゲーションなどの利用・・・田中雅人・荒瀧慎也
 3 放射線被曝(C-armでの放射線被曝とその対策)・・・船尾陽生・石井 賢
 4 電気診断を利用した脊柱管内誤刺入判断・・・鶴田尚志
 5 骨粗鬆症の予防対策・・・中野正人

E章 トラブルシューティング
 1 ガイドワイヤーの椎体前壁穿破・・・塩野雄太・石井 賢
 2 術中スクリューのルースニング・・・田中雅人・杉本佳久
 3 スクリューの誤刺入(脊柱管内,脊柱管外)・・・生熊久敬
 4 MIS-TLIF時の硬膜損傷・・・高野裕一・稲波弘彦
 5 PPS刺入困難例への対処(解剖学的困難例,高度変性による困難例など)・・・佐藤公治
 6 PPS術後感染・・・山下彰久
 7 術後血腫・・・井口明彦

F章 各種PPSシステムの特徴と臨床使用
 1 各種PPSシステムの特徴と臨床使用・・・石井 賢

G章 PPS法の将来への展望
 1 頚椎へのPPS使用(Mini-Open PS刺入)・・・時岡孝光
 2 フックやクロスリンクなどの開発,新規PPSシステムへの要望など・・・佐藤公治

索引

執筆者一覧(執筆順)

佐藤 公治 名古屋第二赤十字病院整形外科・脊椎脊髄外科・部長(副院長)
富田 卓 青森市民病院整形外科・副医療局長
石井 賢 慶應義塾大学医学部整形外科学教室・講師/脊椎脊髄班チーフ
磯貝 宜広 慶應義塾大学医学部整形外科学教室
有薗 剛 九州中央病院整形外科・部長
星野 雅洋 苑田会東京脊椎脊髄病センター・センター長
鵜飼 淳一 名古屋第二赤十字病院整形外科・脊椎脊髄外科
小谷 善久 製鉄記念室蘭病院脊椎脊髄センター・センター長(副院長)
Gonchar Ivan 製鉄記念室蘭病院脊椎脊髄センター(整形外科・医長)
栃尾 淳一 製鉄記念室蘭病院放射線科
高野 正幹 製鉄記念室蘭病院放射線科
佐藤 周平 製鉄記念室蘭病院臨床工学科
齋藤 貴徳 関西医科大学附属滝井病院整形外科・教授/診療部長
谷口 愼一郎 関西医科大学附属滝井病院整形外科・講師
石原 昌幸 関西医科大学附属滝井病院整形外科・助教
谷 陽一 関西医科大学附属滝井病院整形外科・助教
朴 正旭 関西医科大学附属滝井病院整形外科・助教
中西 一夫 川崎医科大学脊椎・災害整形外科学教室・准教授/副部長
長谷川 徹 川崎医科大学脊椎・災害整形外科学教室・教授/部長
蜂谷 裕道 蜂友会はちや整形外科病院・理事長/院長
船尾 陽生 川崎市立川崎病院整形外科・医長
Khaled M Kebaish Johns Hopkins Orthopaedic Surgery・Associate Professor
福田 健太郎 済生会横浜市東部病院整形外科・副部長
松本 守雄 慶應義塾大学医学部整形外科学教室・教授/教室主任/診療科部長
篠原 光 東京慈恵会医科大学整形外科学講座・助教
小林 俊介 東京慈恵会医科大学整形外科学講座・助教
曽雌 茂 東京慈恵会医科大学整形外科学講座・准教授/診療部長(脊椎脊髄センター長)
松川 啓太朗 防衛医科大学校整形外科
和田 明人 東邦大学医学部整形外科学教室・准教授
中野 恵介 整志会沢田記念高岡整志会病院・診療部長
玄 奉学 誠馨会千葉中央メディカルセンター脊椎脊髄センター・センター長(副院長)
宮下 智大 国保松戸市立病院脊椎脊髄センター・センター長
安宅 洋美 松戸整形外科病院脊椎センター・センター長
加藤 啓 国保松戸市立病院脊椎脊髄センター・医長
丹野 隆明 松戸整形外科病院・副院長
菊地 剛 神戸赤十字病院整形外科・副部長
伊藤 康夫 神戸赤十字病院整形外科・部長
尾崎 修平 神戸赤十字病院整形外科
松森 裕昭 東大阪市立総合病院整形外科・部長
中野 正人 高岡市民病院整形外科・参事主任部長
岡田 英次朗 東京都済生会中央病院整形外科・副医長
石原 慎一 国際医療福祉大学三田病院脊椎脊髄センター
日方 智宏 慶應義塾大学医学部整形外科学教室・助教
金子 慎二郎 国立病院機構村山医療センター整形外科・医長
大森 一生 こうかん会日本鋼管病院脊椎外科センター・センター長
田中 雅人 岡山大学整形外科・准教授
荒瀧 慎也 岡山大学整形外科・助教
鶴田 尚志 苑田会東京脊椎脊髄病センター
塩野 雄太 練馬総合病院整形外科・医長
杉本 佳久 岡山大学整形外科・助教
生熊 久敬 労働者健康福祉機構香川労災病院整形外科・第二整形外科部長
高野 裕一 岩井整形外科内科病院・院長
稲波 弘彦 稲波脊椎・関節病院・院長(岩井医療財団・理事長)
山下 彰久 下関市立市民病院整形外科・部長
井口 明彦 九州中央病院整形外科・医長
時岡 孝光 高知医療センター整形外科・部長

PAGETOP