1. TOP
  2. 書籍
  3. 看護
  4. 見て 整理し 実践する 基礎看護技術
  • 見て 整理し 実践する 基礎看護技術

見て 整理し 実践する 基礎看護技術

B5 / 192頁 / 2018年
【編集】藤井千枝子(慶應義塾大学看護医療学部 教授)

商品コード: ISBN978-4-89590-623-4

本体価格:2,500 円

定価: 2,700 (税込)

商品情報

内容紹介

看護実践に自信がもてる ! 手順とその根拠・コツがわかる! 事故を未然に防ぐ !
スマートフォン、タブレット端末、パソコンで見る76の動画で、さらに理解が深まる !


 臨床ですぐに必要となる看護技術「感染予防」「採血」「注射・輸液」「ドレーン・導尿・吸引」が具体的に理解でき、実践につながります。
 各章の最初には、その技術の全体の流れを把握するためのフローチャートが付いています。2ページ目からは“なぜ、何のために”という必要性の判断から始まる基礎知識とともに、具体的な方法の選択とその手順が示されます。考え方と根拠・コツがわかり、状況に応じた最善の選択や、安全に実施するための注意点などを、やさしく、わかりやすく解説しています。さらに理解を深めるために、本文に連動した動画が活用できます。
 看護技術の基本を確認するため、また基本に立ち返って実践するために最適な一冊です。

目次

第1章 感染予防
1  感染予防における判断
2  感染予防の基本
3  手の清潔~その手は ?
4  無菌的な扱い~そこは触ってもよい ?
5  清潔・不潔領域と無菌領域~その場所は ?
6  物品の使用前後と注意事項~使用前 ? 使用後 ?

第2章 採血
1  採血における必要性の判断と実施の流れ
2  状況に応じた技術の選択
3  採血の準備
4  採血の実施
5  採血の実施後

第3章 注射・輸液
1  注射および輸液における判断
2  注射の準備
3  注射の実施
4  輸液の実施
5  注射・輸液の実施後
6  インスリン注射 (自己注射)

第4章 ドレーン・導尿・吸引
1  状況に応じたドレーンの選択
2  腹腔ドレナージ
3  胸腔ドレナージ
4  ドレナージの引く力
5  ドレーン挿入による患者への影響とケア
6  ドレナージによる排液の処理
7  尿道カテーテル
8  吸引カテーテル

コラム
交差感染
酸素化の指標
吸引前のバッグバルブマスクでの換気
電動式低圧吸引器の操作

PAGETOP