1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 研究的思考法 想いを伝える技術
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 研究的思考法 想いを伝える技術
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 理学療法
  4. 研究的思考法 想いを伝える技術
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 医学一般
  4. 研究的思考法 想いを伝える技術
  • 研究的思考法 想いを伝える技術

研究的思考法 想いを伝える技術

A5 / 228頁 / 2019年
【著】樋口貴広 (首都大学東京 人間健康科学研究科)

商品コード: ISBN978-4-89590-651-7

本体価格:3,000 円

定価: 3,300 (税込)

商品情報

内容紹介

思考を整理し アカデミックに書く ! 話す !
あらゆるコミュニケーションに役立つ 伝えるための思考法


研究上の作法を利用して、自分の考えをクリアーに伝える方法を解説した書。学術文書の基本であるパラグラフ・ライティングの作法に基づき、「最初に意見・主張を示し、後に根拠を述べる」スタイルで伝える意義を解説。さらに、研究法の観点から「根拠となるデータを正しく吟味する方法」を紹介。レポートや論文の文書作成、プレゼンのスライド作成などに対応できる思考法・表現技法を学ぶことができる。つまずきやすいポイントは、例文を使って丁寧に解説。「自分の意見がなぜか人に伝わらない」と感じている人にとって、文章力・プレゼン力アップの第一歩を後押ししてくれる。

目次

はじめに


第1章 研究的思考法
第1節 研究的思考法とは
    研究を教育する立場から
    研究的思考法
    研究法ではなく研究的思考法
    研究=数値データを得ることではない
    数値データだけの発表はつまらない
第2節 大事なことを先に伝える
    “大事なこと”とは何かを理解する
    事実+解説で情報に意味をもたせる
    大事なことを先に伝える
    本書の構成
    コラム 事実の情報そのものが面白い「特別な場合」
    コラム 日本人は「大事なことを先に伝える」のが苦手 ?


第2章 意見伝達の型―パラグラフ・ライティングに学ぶ
第1節 パラグラフの概念
    パラグラフ構成のルール
    ルール1 : 1つのパラグラフでは1つのトピック(話題)だけについて論じる
    ルール2 : パラグラフ内の配置によって,各文に明確な役割分担をもたせる
    ルール3 : パラグラフの冒頭に, パラグラフにおける意見・主張を書く努力をする
第2節 パラグラフから文書へ
    文書におけるパラグラフの役割
    読んで実感 : パラグラフを作ることの重要性
    長い文書の管理
    コラム あえて文書にハイライトをつけるならば……
第3節 パラグラフ・リーディング
    英文エッセイの構成が短時間で理解できる
    センター試験の英文エッセイに挑戦
    解説 : 英文エッセイ
    コラム ざっと読む : スキミングとスキャニング


第3章 思考と表現の整理―パラグラフ・ライティングの実践
第1節 大事なことを絞り込む
    身近な話題でエッセイを書く
    時間的制約の中で書かれる典型的なエッセイ
    意見・主張を1つに絞る
    関連要素をたくさん書く≠意見・主張
    大学生のエッセイ事例から
    コラム 1つの発表や論文で言えることは1つ
第2節 大事なことを際立たせる
    どっちつかずの意見・主張を避ける
    テーマに対する視点を明確にする
    根拠をわかりやすく明示する
    想いが先走るのを避ける
    コラム 想いを伝えることを忘れない
第3節 表現の整理
    重要語句・専門用語の統一
    文書の中で使用する用語を自分で決める
    表現用語の使い分け
    表現用語により大きく変わる印象
    コラム 簡潔な表現


第4章 科学的根拠―研究法入門
第1節 因果関係の推定
    科学的根拠と研究法
    相関関係と因果関係
    因果関係を推定する : 実験法の考え方
第2節 因果関係推定のための事前対策
    順序効果
    繰り返し測定での注意点
    異なる対象者間の比較
    何を統制するかで主張が決まる
    コラム 大学院生時代の失敗
第3節 平均値の差の検定
    検定の意義
    統計的仮説検定
    ばらつきに左右される平均値
    平均値の差の検定における注意点
    まとめ : 研究法への関心
    コラム シングルケース研究


第5章 プレゼンテーション―パラグラフの概念を生かす
第1節 パラグラフの概念の活用方法
    スライドをパラグラフの概念に沿って作る
    プレゼンテーション全体の構成
    構成の自由度が高い導入のスライド
    メインボディはパラグラフの概念に忠実に
    結論は意見・主張(再掲載)とメッセージで構成
    コラム 意見・主張から派生するメッセージ : あえて制約に触れる意味
第2節 わかりにくさの改善
    結局何が言いたいの ?
    意見・主張が明示されていない
    提示した情報に基づく意見・主張が自明とは限らない
    口頭での説明を過信しすぎている
    アニメーション機能の利用により瞬間提示になってしまった
    意見・主張が情報に埋もれている
    コラム 発表に対するコメントにも配慮を
第3節 スピーチで伝える
    質疑への対応
    話し言葉と書き言葉
    話し言葉の長さ
    “間”を挟む
    実例 : スピーチのための台本作り
    コラム 言いよどみのなさすぎるスピーチ


第6章 論文で伝える―データの発表
第1節 データ発表型論文のポイント
    データ発表型論文と総説型論文
    3つのポイント
    ポイント1 : なぜ研究するのか
    ポイント2 : 誰に読んでもらうのか
    ポイント3 : 予想した結果が得られたか
    大事な情報を言葉にしておく
    コラム 書くために読む
第2節 タイトル・要約
    タイトルと要約
    タイトルの事例
    要約のポイント
第3節 目的
    目的と考察をセットで考える
    遠すぎる総論を書かない
    何がわかっていて, 何がわかっていないか
    「先行研究がない」という主張は慎重に
    引用文献が多すぎると感じる場合
    引用が不足していると感じる場合
    コラム 新規性, 独創性が高い論文ほど先行研究をよく調べている
    コラム バイブル的な文献を作らない
第4節 方法・結果・考察
    方法にも解説の意識が必要
    研究対象・手続き・測定内容と分析
    結果
    考察 : 仮説が支持された場合
    考察 : 仮説が支持されなかった場合
    コラム 有意差に振り回されない


おわりに
索引

PAGETOP