1. TOP
  2. 雑誌
  3. 脊髄外科
  4. 【年3回刊】脊髄外科 33巻 2号
  • 【年3回刊】脊髄外科 33巻 2号
  • NEW

【年3回刊】脊髄外科 33巻 2号

■指導医を招いて
神経外科医と名乗れるまで

■認定医―指導医のためのレビュー・オピニオン
脊髄損傷に対するロボットを用いたリハビリテーション医療
MRIによる末梢神経疾患の診断―できることとまだできないこと―

■教育総説
頚椎人工椎間板置換術―本邦導入における現状と今後の展望―
絞扼性末梢神経障害に対する外科治療

商品コード: ISBN978-4-89590-674-6

本体価格:1,500 円

定価: 1,650 (税込)

商品情報

目次

■指導医を招いて
神経外科医と名乗れるまで・・・内門久明

■認定医―指導医のためのレビュー・オピニオン
脊髄損傷に対するロボットを用いたリハビリテーション医療・・・松元秀次
MRIによる末梢神経疾患の診断―できることとまだできないこと―・・・稲岡 努, 他

■教育総説
頚椎人工椎間板置換術―本邦導入における現状と今後の展望―・・・髙見俊宏, 他
絞扼性末梢神経障害に対する外科治療・・・原 政人

■誌上フォーラム
中心性脊髄損傷の手術タイミング・・・秋山雅彦, 伊藤圭介, 高橋敏行, 角田圭司, 松岡秀典

■原著
多発性骨髄腫患者の脊椎MRI所見・・・渡辺剛史, 他

■症例報告
最上位頚椎の前縦靭帯骨化症により無呼吸症候群を呈した1例・・・中西欣弥, 他
脳室腹腔短絡術後overshunting-associated myelopathyの1例・・・髙石吉將, 他
4回の再発をきたした特発性脊髄硬膜外血腫の1例・・・廣津竜也, 他

■Extended Abstracts
急速症状悪化にて発症した下部胸椎硬膜内髄外crystal-storing histiocytosisの1例・・・野中康臣, 他
骨粗鬆症性胸腰椎椎体骨折に伴う脊柱管狭窄症に対する手術戦略・・・田村和義, 他
多椎間病変に対する内視鏡手術―より低侵襲に治療を行うために―・・・菊地奈穂子, 他
巨大脊髄髄内腫瘍の手術―いかに摘出し, いかに機能を温存するか ? ―村田英俊, 他
後頚部横断外傷の治療経過・・・糸岐一茂, 他
腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲除圧術・・・東山巨樹, 他

■委員会通信
将来構想委員会報告
生涯教育委員会報告
国際委員会報告
学術委員会報告
第19回都留賞報告

■Vistas
論文を書くということ・・・金 景成

PAGETOP