1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 社会面のコグトレ 認知ソーシャルトレーニング 1 段階式感情トレーニング/危険予知トレーニング編
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 地域リハ・介護・福祉
  4. 社会面のコグトレ 認知ソーシャルトレーニング 1 段階式感情トレーニング/危険予知トレーニング編
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 教育(コグトレ)
  4. 社会面のコグトレ 認知ソーシャルトレーニング 1 段階式感情トレーニング/危険予知トレーニング編
  • 社会面のコグトレ 認知ソーシャルトレーニング 1 段階式感情トレーニング/危険予知トレーニング編

社会面のコグトレ 認知ソーシャルトレーニング 1 段階式感情トレーニング/危険予知トレーニング編

B5 / 128頁 / 2020年
【著】
宮口幸治(立命館大学)
宮口英樹(広島大学大学院)

商品コード: ISBN978-4-89590-683-8

本体価格:2,000 円

定価: 2,200 (税込)

商品情報

内容紹介

コグトレ シリーズ第4弾、
相手の感情を考えるスキル、危険を避けるスキル等を認知的側面からトレーニング


話題の“コグトレ”を系統立てて学べるシリーズです。

子どもの対人支援には「身体面」「学習面」「社会面」の3方面からのアプローチが欠かせません。
これまで“コグトレ”シリーズでは、身体面の支援として『不器用な子どもたちへの認知作業トレーニング』(2014年刊)、学習面の支援として認知機能強化トレーニングの『コグトレ』(2015年刊)、『やさしいコグトレ』(2018年刊)を刊行してまいりました。

最後のパーツとなる社会面の支援は2分冊となります。
前編となる本書は「段階式感情トレーニング/危険予知トレーニング編」と題し、ワークシートを用い、相手の感情を考えるスキル、危険を避けるスキル等を認知的側面からトレーニングできます。
後編は「対人マナートレーニング/段階式問題解決トレーニング編」です。

■コグトレとは
認知機能に含まれる5つの要素(記憶、言語理解、注意、知覚、推論・判断)に対応する「覚える」「数える」「写す」「見つける」「想像する」力を伸ばすための、紙と鉛筆を使ってできるトレーニングです。

目次

はじめに

第1章
認知ソーシャルトレーニング(COGST)とは・・・宮口幸治
① 困っている子どものさまざまな行動
② 困っている子どもの特徴〈5点セット+1〉
③ 3方面からの子どもの具体的支援
④ 認知ソーシャルトレーニング(COGST)の構成

第2章
段階式感情トレーニング
Staged Emotional Training: SET・・・宮口幸治
① 段階式感情トレーニングの背景
② 段階式感情トレーニングの方針と構成
  1) この人はどんな気持ち ? ―他者の表情・状況理解 (1人)
    ワークシート この人はどんな気持ち ?
  2) この人たちはどんな気持ち ? ―他者の表情・状況理解 (複数)
    ワークシート この人たちはどんな気持ち ?
  3) 感情のペットボトル―感情コントロールの動機づけ
  4) 違った考えをしてみよう―自己感情の理解・表現・思考の修正
    ワークシート 「違った考えをしてみよう」シート
  5) 思いやりトレーニング―他者への共感、自己感情のコントロール法の確認
    ワークシート 思いやりトレーニング (悩み相談室)
③ 段階式感情トレーニングの部分使用例

第3章
危険予知トレーニング
Kiken‐Yochi Training: KYT・・・宮口英樹
① 危険予知トレーニングの背景
② 危険予知トレーニングの手順
  危険予知トレーニング―各ワークシートの想定リスク
    ワークシート 危険予知トレーニング

PAGETOP