1. TOP
  2. 書籍
  3. ターミナルケア
  4. Whole Person Care 実践編―医療AI時代に心を調え, 心を開き, 心を込める
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 医学一般
  4. Whole Person Care 実践編―医療AI時代に心を調え, 心を開き, 心を込める
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 臨床医学 : 一般
  4. Whole Person Care 実践編―医療AI時代に心を調え, 心を開き, 心を込める
  • Whole Person Care 実践編―医療AI時代に心を調え, 心を開き, 心を込める

Whole Person Care 実践編―医療AI時代に心を調え, 心を開き, 心を込める

A5 / 212頁 / 2020年
【訳】恒藤 暁
【著】トム・A・ハッチンソン

商品コード: ISBN978-4-89590-693-7

本体価格:2,000 円

定価: 2,200 (税込)

商品情報

内容紹介

治療と癒しの統合によってもたらされる患者主体の新しい医療のかたちが今ここに開かれる


患者が真に求めていることは何か。
患者の"癒しの旅"と共に医療従事者も己を高められるとはどういうことか。

治療と癒しの二項対立として整理された、マギル大学医学部が提唱するWhole Person Care(WPC)は、科学的根拠に基づいた医療に加え、患者との関係性に焦点を当てたプログラムで、これは全ての医療の根底に流れる考え方でもある。医療技術が目まぐるしく発展している今だからこそ患者と医療従事者のお互いの在り方について改めて考えるきっかけとなる書籍である。

医療AI時代に「心を調え、心を開き、心を込める」ために実践すべきこととはどのようなことか。
患者から学び、人生の豊かさが掴める一冊。

目次

第一部 Whole Person Care: ビジョン
 第1章 医療の新たなビジョン
 第2章 医学史における6つの運動
 第3章 癒し
 第4章 医療の中心
 第5章 臨床における関係性
 第6章 医療におけるマインドフルネス
 第7章 Whole Person Careの過程
 第8章 医療のアート
 第9章 死と死の不安

第二部 Whole Person Care: 意義
 第10章 医学生のためのWhole Person Care
 第11章 医師としてのアイデンティティの形成
 第12章 ウェルネス,燃え尽き症候群,共感疲労
 第13章 医療における物語
 第14章 デジタルメディアと医療
 第15章 予防と全人
 第16章 全人に関する科学的根拠
 第17章 医療の組織
 第18章 癒しの医療

索引
解説

PAGETOP