1. TOP
  2. 書籍
  3. 医学一般
  4. 外来全科 痛み治療マニュアル【第2版】
  • 外来全科 痛み治療マニュアル【第2版】

外来全科 痛み治療マニュアル【第2版】

●A5変型 / 頁450 / 2004年
【編集】 高木誠(東京都済生会中央病院) / 箕輪良行(聖マリアンナ医科大学救急医学) / 生坂政臣(千葉大学総合診療部)

商品コード: ISBN978-4-89590-208-3

本体価格:3,400 円

定価: 3,740 (税込)

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

内容紹介

痛みの治療は、痛みをただ取り除くことにあるのではない。痛みをきちんと理解し、基本原則に則った治療が必要となる。
本書は、前半の総論では、痛みのしくみ・診断・評価法から入り、「予防」し、「評価」し、「想像」し、「中和」するという痛みへの対応の基本原則を示している。また、読者の関心の高い「がんの痛み」「ペインクリニック」についても取り上げた。各論では、まず各身体部位の痛みの鑑別を示し、次に該当する疾患の各々の治療について、薬剤の用法・容量の記載はもちろんのこと、専門医にコンサルトすべき状態についてもふれ、診察室・ベッドサイドですぐに役立つことに配慮した。
今回の改訂では、初版の内容を一新し、さらに「小児の痛み」「婦人科の痛み」「心因性の痛み」「外傷による痛み」を新たに加え、より一層の充実を図った。

目次

I.痛み治療の基本
 1.痛みの病態生理
 2.痛みの診断と評価
 3.痛み治療の基本的原則
 4.主な鎮痛薬の使い方
 5.がん患者の痛みへのアプローチ
 6.ペインクリニック

II.痛みの鑑別診断と疾患別治療
 1.頭部・顔面の痛み
 2.眼の痛み
 3.口腔・咽頭の痛み
 4.耳の痛み(中耳炎・外耳炎)
 5.頸部・肩・上肢の痛み
 6.胸部の痛み
 7.腹部の痛み
 8.腰背部の痛み
 9.関節・筋肉の痛み
 10.下肢の痛み
 11.肛門の痛み
 12.小児の痛み
 13.婦人科の痛み
 14.心因性の痛み

PAGETOP