1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. 作業療法技術の再構築―家事
  1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 作業療法
  4. 作業療法技術の再構築―家事
  • 作業療法技術の再構築―家事

作業療法技術の再構築―家事

「作業療法ジャーナル 2007年増刊号 Vol.41 No.7」
●B5 / 240頁 / 2007年
【編集】 作業療法ジャーナル編集委員会
【企画担当】 澤 俊二・長尾哲男・宮崎明美
【ゲストエディター】 高橋栄子

商品コード: 14047

本体価格:3,100 円

定価: 3,348 (税込)

商品情報

内容紹介

人間の営みのなかで決して欠くことのできない活動、「家事」。入院短縮化のこの時代に、「家事」を確実に在宅・地域生活へとつなげ、実践的なものに展開するために、作業療法士はどのような視点で評価し、どのような支援を導入すればよいのか。
本書では環境整備の発展、家事道具の進化、各種支援サービス、他職種との連携などの要素をふまえ、疾患別、家事技能別に具体的な事例を用いて、作業療法士がなすべき家事支援をあますところなく解説する。家事支援の「今」がわかる一冊。

1章:作業療法における「家事」および「家事技能」の意義

生活における「家事」とは-作業療法からの視点/柏木正好

身体障害領域における「家事」/吉川ひろみ

精神障害領域における「家事」/苅山和生

発達障害領域における「家事」/佐々木清子

高齢者における家事活動の意義/田中洋子、澤治子

2章:家事技能への支援

1.食生活への支援-準備から後片づけまで

 食生活への支援―調理・その意義と活動/高橋栄子

 脳血管障害者に対する食生活の支援―在宅生活における調理活動への関わり/長坂真由美、中林若菜、西岡秀明

 リウマチ患者に対する食生活の支援/橋本あかね、山本愛、飯田みつ江、三田幸恵

2.装いへの支援-準備・洗濯から管理まで

 家事における装いの意味と意義/南誠一

 脳血管障害により片麻痺をもつ方への装いの支援―洗濯で抱える困難性と支援・介入の実際について/山根佳子

 脊髄損傷者に対する装いの支援/松田哲也

 リウマチ患者に対する装いの支援/高島美幸、臼井里実、三田幸恵

 精神障害者の装いについて/藍澤聡子、橋爪聡美、平賀昭信、早川昭

3.住まうことへの支援―屋内から屋外まで

 住まうことと家事技能―屋内掃除や整理整頓、屋外の庭の管理や家屋の修理を含めて住まうことと家事に関して/山田勝雄

 脳血管障害者に対する住まうことへの支援/伊林克法

 頸髄損傷者に対する住まうことへの支援/玉垣幹子、瀬戸初恵

 リウマチ患者に対する住まうことの支援/野口祐子

 脳性まひ児・者に対する住まうことの支援―家事動作を中心に/中川万里子、櫻木美穂子

 精神障害者に対する住まうことへの支援/大丸幸

4.生活マネジメントへの支援-家計、安全、健康、財産の管理

 生活マネジメントと家事/澤 俊二

 高次脳機能障害者に対する生活マネジメントの支援-家計・安全・健康・財産の管理/鈴木孝治

5.家事のための外出支援

 家事における外出の意味と意義/長尾哲男

 脳血管障害者に対する外出の支援/保谷勝義

 頸髄損傷者に対する外出の支援/松本琢麿

 リウマチ患者に対する外出支援―買い物(食料品および日用品)動作への支援を考える/林正春、二之宮篤子
 
 脳性まひ児・者に対する外出の支援/森本誠司

 精神障害者に対する外出の支援/平尾一幸、足立一、馬場麻里子、野島美晴、横田敦史

3章:トータルサポートが必要な疾患への家事の支援

認知症の行動理解と生活支援―家事の果たす役割/小川敬之

進行性の神経難病に対する家事の支援/南雲浩隆、田中勇次郎、渡辺久仁子、前田真治

4章:当事者の声/5章:制度的枠組みの中での家事支援―現状と問題点

4章:当事者の声

障害を負って/柳田明子

脳性まひ者として結婚生活を送りながら/吉田もも、吉田房子、宮崎明美

障害をもち家事援助を受けるとは……./古谷典子


5章:制度的枠組みの中での家事支援―現状と問題点

回復期リハビリテーションにおける家事技能の支援―健常と対象者の差異を分析した脳血管障害者へのアプローチ/山本伸一、武田清

訪問リハにおける家事技能の支援/宇田薫

介護老人保健施設における家事技能支援/土井勝幸、小野咲子、高橋希

自助具―ユニバーサルデザインや共用品・共用サービスへの関わりについて/米崎二朗

PAGETOP