1. TOP
  2. 書籍
  3. リハビリテーション 共通
  4. やさしさのスイッチが入るとき 中学生とシニアのホームヘルパー物語
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 地域リハ・介護・福祉
  4. やさしさのスイッチが入るとき 中学生とシニアのホームヘルパー物語
  1. TOP
  2. 書籍
  3. 読み物・エッセイ・対談
  4. やさしさのスイッチが入るとき 中学生とシニアのホームヘルパー物語
  • やさしさのスイッチが入るとき 中学生とシニアのホームヘルパー物語

やさしさのスイッチが入るとき 中学生とシニアのホームヘルパー物語

●四六 / 260頁 / 2007年
【著者】 土本亜理子(ノンフィクションライター兼介護ヘルパー)

商品コード: ISBN978-4-89590-286-1

本体価格:1,600 円

定価: 1,728 (税込)

商品情報

内容紹介

「中学生でも三級ヘルパーの資格はとれないのか?」そんな誰も思いもしなかった素朴な疑問が、「前例がない」「中学生に職業訓練させるのか」などなど、幾多の障害を乗り越え、茨城県美里町に本邦初の中学生ヘルパーが誕生した。
現在美里町は100人に1人がヘルパーの町である。そして、介護が必要なお年寄りとの出会いは、子どもたちの心を確実に成長させていく。超高齢化社会を乗り切るための地域力とは何か、そのヒントがここには確実にある。
医療・介護の現場に携わる人だけでなく、教育の場で指導に悩む人、また子どもを持つ親、そして何より現役の中学生たちに是非読んでもらいたい、ハートウォーミングなルポルタージュである。

目次

第1章★三級ヘルパー事始め
 開講式
 100人に1人が三級ヘルパーの町
 ホームヘルパーになった理由
 「当たり前の24時間」を支える技術
 遠距離通学開始
 発端は県議の質問から
 「地域ケアシステム」ありき
 「リハビリテーション千話」に
 私たちも三級ヘルパーになれるんですか?
 中学校側の事情
 「心の教育」にプラスになれば
 第1回目の募集要項
 養成研修事業の申請で「ストップ!」
 「など」が大事!
 問われた自治体のあり方
 「前例がない」を越えて

第2章★研修カリキュラム、拝見!
 初日の講義
 「生きるということ」
 遠い世界
 やさしさのスイッチを押す
 初めての実習―普通救命講習
 バージョンアップする研修
 現場の声を
 親の目と講師の目
 事例研究における世代差効果
 ヘルパーさんは聞き役です
 黒板いっぱいに言葉が広がって
 介護技術入門
 おむつはちょっと……
 新しい自分を発見して
 講師たちの勉強会
 脱落者ゼロを目指して
 家族からの宿題
 おむつを当てない介護を

第3章★実習開始。とうとうヘルパーになります
 緊張気味の施設見学
 コミュニケーションはむずかしい
 お年寄りと仲良くなれた!
 咲いた、咲いた~♪
 身体の不自由を知る
 介護の種をまく
 在宅介護の朝
 ホームヘルパーをやる時がきました!
 えらいな、あんちゃん!
 「地域の支え手」を地域が育てる

第4章★閉講式。そして卒業生は、いま
 閉講式
 ヘルパーとは何かを知った
 修了証書を手にして
 OB会「サンヘルともいき」活動中
 卒業生たちは、いま
 90代ヘルパーは現役ボランティア
 率先垂範―寝ていて人を起こすべからず

第5章★広がる介護ヘルパーの基礎研修
 ヘルパー研修が県民運動になった
 思いやりの心は育ったか
 広がる中高生のヘルパー研修
 茨城県利根町の場合
 栃木県二宮町の場合
 都立の養護学校における取り組み
 えっ? 三級ヘルパー資格がなくなるの?
 「介護福祉士へ一本化」の流れの中で
 「准介護福祉士」って何?
 合併問題で揺れる三級ヘルパー研修
 第八期の研修が開講しました
 ケアの点を面にするために
 住民が賢くなれば地域が変わる
 円を描いて

PAGETOP