1. TOP
  2. 書籍
  3. ターミナルケア
  4. スピリチュアルケア入門
  • スピリチュアルケア入門

スピリチュアルケア入門

●四六 / 144頁 / 2000年
【著者】 窪寺俊之

商品コード: ISBN978-4-89590-122-2

本体価格:2,200 円

定価: 2,420 (税込)

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

内容紹介

わが国初のスピリチュアルケアの入門書。淀川キリスト教病院のホスピス病棟でチャプレンとして関わった著者の豊富な経験をもとにわかりやすく解説。多くの事例でスピリチュアルケアを具体的に学べ、日常の臨床ですぐに実践できる。初めてホスピス・緩和ケアに関わるスタッフはもちろん、終末の時を支える介護職も必読。

目次

第1章 死にゆく人々の示すスピリチュアリティ
 ケース1 生命を支えるものは合理的なものばかりではない
 ケース2 自己を超越したものへ関心をもつとき
 ケース3 究極的なものを求めるとき
 ケース4 死後のいのちに関心をもつとき
 ケース5 赦しを必要とするとき
 ケース6 生の意味、目的、価値を問うとき

第2章 スピリチュアルペインをもつ人々が求めるもの
 ―5つの関係の回復

第3章 スピリチュアルペインを見分けるには
 患者の態度・人間関係・背景をみる
 判断の容易な場合―言葉や行動、動作、態度、所作、仕草に現れている場合
 ケース7 判断が容易でない場合―直接言葉などで表現されていない場合

第4章 スピリチュアルケアとはどのようなケアか
 「精神的・心理的ケア」との違い
 「宗教的ケア」との違い
 宗教をもつ患者にみるリスクについて
 ケース8 宗教をもたない患者へのアプローチ

第5章 スピリチュアルケアの進め方
 目標の設定と成果
 感情の安定―あるがままの自己の表現と意識化
 視点の転換―あるがままの自己の受容と客観化
 罪責感からの解放
 ケース9 人間関係の見直し―他者との和解と感謝
 積極的な生の肯定
 死後の生命と後世への希望

第6章 チームケアが大切なわけ

第7章 ケアの実践者が問われるもの
 優しく、誠実であること、勇気をもっていること
 物事に対する考え方、観方について
 宗教家、信仰者との関わり

第8章 スピリチュアルケアの実際
 患者のそばに座ってゆっくり話を聴く
 (1)写真や思い出の品物について語ってもらう
 (2)音楽を一緒に聴きながら感想を話し合う
 (3)テープを聞いてもらう
 (4)患者の「過去の体験」や「思い出」を語ってもらう
 (5)自然や四季のうつろいについて語りあう
 (6)小さな生き物に注目しながら生きることについて話し合う
 (7)宗教的関心や背景について話し合う
 (8)家族や友人について話し合う
 (9)人生の生き方について聞く
 扱いにくい問題を前にして

第9章 事例検討―自己嫌悪から自己受容に至ったQさんの場合-
 入院までの生活
 看護婦の関わり
 チャプレンの介入
 事例検討

PAGETOP