1. TOP
  2. 書籍
  3. 臨床医学 : 内科系

36の商品がございます。

臨床医のための疾病と自動車運転

臨床医のための疾病と自動車運転

定価: 4,104

現代臨床現場で必須の、疾病と自動車運転において押さえておくべき事項を網羅 !

B5 / 166頁 / 2018年
【編著】一杉正仁、武原 格

内科当直医のためのERのTips-ジェネラルケースのディープアプローチとエビデンス

内科当直医のためのERのTips-ジェネラルケースのディープアプローチとエビデンス

定価: 5,832

「高齢者診療」と「ジェネラルケース」のERにおけるディープな思考戦略を身につけよう !

A5 / 504頁 / 2017年
【著】安藤裕貴

そこが知りたい ! 心音 一刀両断 !

そこが知りたい ! 心音 一刀両断 !

定価: 4,104

聴診の基本を徹底マスター !
インタラクティブソフトウェアで効果的に学べる !
心音と心雑音を極める1冊 !
【電子書籍付き】

A5変型 / 152頁 / 2017年
【監訳】徳田安春
【編集】水野 篤

そこが知りたい ! 動脈血液ガス 一刀両断 !

そこが知りたい ! 動脈血液ガス 一刀両断 !

定価: 4,104

動脈血液ガスを極める1冊 !
30もの豊富な症例・問題を通じて実践的に学べる !
日本語版オリジナル問題も収載 !
【電子書籍付き】

A5変型 / 176頁 / 2017年
【監訳】徳田安春
【編集】萩原佑亮

知ってるつもりの内科レジデントの常識非常識 第2版

知ってるつもりの内科レジデントの常識非常識 第2版

定価: 3,672

ベテラン医の知識と経験を集めた、内科臨床のエッセンス

聖路加国際病院内科専門医の経験から生まれた、臨床現場で本当に有用な“切れば血が出る”生きた知識のエッセンス。日常遭遇するピットフォールや疑問に明快に答える常識非常識から、内科医として、誰もがバックボーンに備えておきたい超常識まで。研修医から、認定医・専門医受験には必携の本、7年ぶりの全面改訂。

A5変型 / 350頁 / 2008年
【編著】岡田 定(聖路加国際病院血液内科) / 堀之内秀仁(聖路加国際病院2006年内科チーフレジデント)

内科医にできる摂食障害の診断と治療

内科医にできる摂食障害の診断と治療

定価: 2,700

今や社会病理となっている摂食障害は、心療内科など数が限られる診療科で専門的治療が行われているが、十分対応しきれていないのが現状である。初診のほとんどは内科であり、生命の危機を伴う重症の患者を含めて内科での対応が迫られている。敬遠されがちな摂食障害の治療を的確に行うための治療指針を丁寧に解説した一冊。

A5 / 170頁 / 2001年
【監修】 日野原重明
【著者】 堀田眞理

これであなたも免許皆伝! ドクターこばどんの感染症道場

これであなたも免許皆伝! ドクターこばどんの感染症道場

定価: 4,536

アメリカで感染症を学んだドクターこばどんが、臨床感染症の基礎から応用まで、豊富なイラスト、写真、そしてこだわりの解説で感染症道場免許皆伝へ導きます。

A5 / 440頁 / 2014年
【著者】 小林美和子
【編著】 西原崇創

そこが知りたい! 感染症一刀両断!

そこが知りたい! 感染症一刀両断!

定価: 3,024

今すぐわかる! 今すぐできる! 明解! 感染症マニュアル

本書は専門でない人にも理解しやすいように、感染症を疑ったときの考え方と診断のアプローチについて基本的で重要な事項に絞って明解にまとめられている。

A5変型 / 216頁 / 2006年
【監修】 古川恵一(聖路加国際病院内科感染症科)
【著者】 西原崇創(聖路加国際病院ハートセンター内科)

治療薬ガイドラインズ(1)抗菌薬ガイドライン

治療薬ガイドラインズ(1)抗菌薬ガイドライン

定価: 2,935

研修医向けのガイドラインとして企画された本書は、米国で感染症の臨床に携わってきた著者が、抗菌薬の選び方・使い方を既存の処方にとどまらず、自らの経験と実績に基づき、研修医にとって最も適切な処方例を提示する。内科医を目指す研修医の治療指針となる一冊である。

A5 / 128頁 / 1996年
【監修】 日野原重明
【編集】 松井征男・箕輪良行
【著者】 青木 眞

Procedural GPの手技力

Procedural GPの手技力

定価: 6,480

手技をする総合診療医、Procedural GPのノウハウをこの一冊に凝縮

A4 / 240頁 / 2018年
【編著】齋藤 学

Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学

Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学

定価: 8,640

「脊椎脊髄ジャーナル」で最も読まれた特集号をアップデート&12項目を書き下ろし!

B5 / 316頁 / 2017年
【編集】福武敏夫、德橋泰明、坂本博昭

エキスパートのための脊椎脊髄疾患のMRI【第3版】

エキスパートのための脊椎脊髄疾患のMRI【第3版】

定価: 21,600

脊椎脊髄MRI診断のエンサイクロペディア、遂に完成 !!

A4 / 920頁 / 2015年
【編集】柳下 章
【著】柳下 章、相田典子、江原 茂、勝俣康史、森 墾

脳血管障害の解剖学的診断

脳血管障害の解剖学的診断

定価: 27,000

解剖学的な観点と病理学的な視点で臨床能力がUP

A4 / 420頁 / 2014年
【著】後藤 潤、後藤 昇

脊椎装具に強くなる! Basics & Tips <臨床力up! Refresher Course 2>

脊椎装具に強くなる! Basics & Tips <臨床力up! Refresher Course 2>

定価: 4,536

本邦初の体幹装具の実践書で患者を笑顔にする!

脊椎装具は適応や使用法を知るだけでは、必ずしも活用ができない。その装具の歴史、類似装具などについても知っておく必要がある。本書はこれらを盛り込んだ『脊椎脊髄ジャーナル』での連載の書籍化である。

B5 / 130頁 / 2012年
【編集】米延策雄・菊地臣一

脊髄臨床神経学ノート―脊髄から脳へ

脊髄臨床神経学ノート―脊髄から脳へ

定価: 8,640

脊髄脊椎疾患への神経内科的アプローチの奥義をここに

神経症候の捉え方については、具体的な症例を多く紹介しながら解説しているため、特に脊髄脊椎と脳の関連について臨床的に有用なポイントとピットフォールについて学べる、類をみない書籍となっている。脊髄脊椎疾患とその他の疾患の鑑別が問題となるような臨床場面に遭遇した後で、本書の関連項目に眼を通せば、何か役立つヒントが得られるであろう。

B5 / 372頁 / 2014年
【著】福武敏夫

PAGETOP