1. TOP
  2. 書籍
  3. 臨床医学 : 外科系
  4. 脳神経外科学

35の商品がございます。

Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学

Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学

定価: 8,640

「脊椎脊髄ジャーナル」で最も読まれた特集号をアップデート&12項目を書き下ろし!

B5 / 320頁 / 2017年
【編集】福武敏夫、德橋泰明、坂本博昭

脳卒中・脳外傷者のための自動車運転【第2版】

脳卒中・脳外傷者のための自動車運転【第2版】

定価: 3,672

臨床医に求められる自動車運転再開許可判断に関わるすべての情報・知識を網羅 !

B5 / 160頁 / 2016年
【監修】林 泰史、 米本恭三
【編集】武原 格、一杉正仁、渡邉 修

Cortical Bone Trajectory(CBT)法―理想の軌道がここにある

Cortical Bone Trajectory(CBT)法―理想の軌道がここにある

定価: 7,344

皮質骨軌道で患者を救おう!

B5 / 140頁 / 2016年
【編集】谷戸祥之、松川啓太朗
【著】松川啓太朗、谷戸祥之、加藤貴志、海渡貴司(執筆順)

エキスパートのための脊椎脊髄疾患のMRI【第3版】

エキスパートのための脊椎脊髄疾患のMRI【第3版】

定価: 21,600

脊椎脊髄MRI診断のエンサイクロペディア、遂に完成 !!

A4 / 920頁 / 2015年
【編集】柳下 章
【著】柳下 章、相田典子、江原 茂、勝俣康史、森 墾

MISt手技における経皮的椎弓根スクリュー法―基礎と臨床応用

MISt手技における経皮的椎弓根スクリュー法―基礎と臨床応用

定価: 12,960

最小侵襲脊椎安定術の粋を極めた実践書!

B5 / 284頁 / 2015年
【監修】日本MISt研究会
【編集】星野雅洋、佐藤公治、齋藤貴徳、有薗 剛、石井 賢

脊椎脊髄の手術 第II巻

脊椎脊髄の手術 第II巻

定価: 25,920

“見えないところまで見える”美しい手術アトラス!

A4 / 626頁 / 2015年
【編集】戸山芳昭、花北順哉

脳血管障害の解剖学的診断

脳血管障害の解剖学的診断

定価: 27,000

解剖学的な観点と病理学的な視点で臨床能力がUP

A4 / 420頁 / 2014年
【著】後藤 潤、後藤 昇

脊椎装具に強くなる! Basics & Tips <臨床力up! Refresher Course 2>

脊椎装具に強くなる! Basics & Tips <臨床力up! Refresher Course 2>

定価: 4,536

本邦初の体幹装具の実践書で患者を笑顔にする!

脊椎装具は適応や使用法を知るだけでは、必ずしも活用ができない。その装具の歴史、類似装具などについても知っておく必要がある。本書はこれらを盛り込んだ『脊椎脊髄ジャーナル』での連載の書籍化である。

B5 / 130頁 / 2012年
【編集】米延策雄・菊地臣一

脊髄臨床神経学ノート―脊髄から脳へ

脊髄臨床神経学ノート―脊髄から脳へ

定価: 8,640

脊髄脊椎疾患への神経内科的アプローチの奥義をここに

神経症候の捉え方については、具体的な症例を多く紹介しながら解説しているため、特に脊髄脊椎と脳の関連について臨床的に有用なポイントとピットフォールについて学べる、類をみない書籍となっている。脊髄脊椎疾患とその他の疾患の鑑別が問題となるような臨床場面に遭遇した後で、本書の関連項目に眼を通せば、何か役立つヒントが得られるであろう。

B5 / 372頁 / 2014年
【著】福武敏夫

脊椎脊髄術中・術後のトラブルシューティング 【第2版】

脊椎脊髄術中・術後のトラブルシューティング 【第2版】

定価: 12,960

今そこにある危機に立ち向かう

1つの施設で経験できる合併症と対処法には限界があるため、本書では経験豊富な第一線の専門家が合併症の発見法と困ったときの対処法を懇切丁寧に詳述している。この10年間の進歩を反映させ、初版より頁数が倍増した68項目366頁の全面大改訂の実践書である。真摯な外科医たちからの熱いメッセージに、ぜひともふれてほしい。

B5 / 366頁 / 2014年
【編集】 德橋泰明・三井公彦

【月刊】脊椎脊髄ジャーナル 27巻 4号 (特大号)

【月刊】脊椎脊髄ジャーナル 27巻 4号 (特大号)

定価: 5,832

2014年
脊椎脊髄の科学―基礎と臨床の進歩Review 2014

ニュースタンダード脳神経外科学 第3版

ニュースタンダード脳神経外科学 第3版

定価: 7,560

すべての項目を全面改訂! 生まれ変わった脳神経外科学のスタンダード

重要な疾患を抱える脳神経外科の知識を正確により効率よく身につけ、これからの診療に生かしていただきたいというのが著者の究極の願いである。
  
B5 / 512頁 / 2013年
【編集】 生塩之敬・種子田護・山田和雄

脊椎脊髄ハンドブック 第2版

脊椎脊髄ハンドブック 第2版

定価: 4,968

脊椎・脊髄疾患の日常臨床に役立つデータブック 10年目の改訂版

脊椎・脊髄疾患を扱う整形外科、脳神経外科、神経内科、放射線科、リハビリテーション医学の方々の日常診察やカンファランスにすぐに役立つ必携の1冊!

A5変 / 262頁 / 2010年
【監修】 徳橋泰明 (日本大学医学部整形外科 教授)
【著者】 日本大学医学部整形外科学系整形外科学分野 脊椎班
 

図説 パーキンソン病の理解とリハビリテーション

図説 パーキンソン病の理解とリハビリテーション

定価: 3,456

科学的根拠に基づいた最新のパーキンソン病のリハビリテーションテキスト!
 
脳神経科学の最新の知見に基づいた原因や症状のメカニズムから薬物治療、手術をはじめ遺伝子治療の可能性や実践的なリハビリテーション、在宅支援までを著者の手による楽しいイラストを交えて解説。 
  
A4変 / 140頁 / 2010年
【著】 山永裕明(熊本機能病院総合リハビリテーションセンター) / 野尻晋一(熊本機能病院総合リハビリテーションセンター)
 

臨床のための神経形態学入門

臨床のための神経形態学入門

定価: 25,920

症候から神経形態学を学べるユニークな教科書誕生!!

神経形態学という,神経解剖学,画像診断学,神経病理学などの既成の領域概念を超えた新しい分野を学べる神経学の最新の教科書。

A4 / 420頁 / 2008年
【著者】後藤 昇・柳下 章・大浜栄作・宮田 元

PAGETOP