1. TOP

14の商品がございます。

子どもたちの高次脳機能障害-理解と対応

子どもたちの高次脳機能障害-理解と対応

定価: 3,240

医療職と教育者のための、こどもの高次脳機能障害への対応マニュアル
 
B5 / 164頁 / 2010年
【監訳】 中島恵子

シートベルトをしめて発進しよう ! きょうだいにダウン症のある人のための短期集中コース

シートベルトをしめて発進しよう ! きょうだいにダウン症のある人のための短期集中コース

定価: 3,240

もっと知りたい!理解したい!ダウン症のあるきょうだいのこと

B5 / 226頁 / 2015年
【著】 ブライアン・スコトコ & スーザン・レヴァイン
【総監訳】 伊藤英夫
【監訳】 西脇恵子

コグトレ みる・きく・想像するための認知機能強化トレーニング (プリントして使えるCD付き)

コグトレ みる・きく・想像するための認知機能強化トレーニング (プリントして使えるCD付き)

定価: 2,160

お子さんのみる・きく・想像する力を育てるトレーニングが800題以上!! 認知機能の弱さから伸び悩んでいる子どもたちが勉強好きになるきっかけに

B5 / 80頁 / CD付き / 2015年
【著】 宮口幸治

正常発達 脳性まひの治療アイディア【第2版】

正常発達 脳性まひの治療アイディア【第2版】

定価: 4,104

子どもの発達と脳性まひ治療を鋭く分りやすくまとめた好評の入門書、待望の第2版

B5 / 200頁 / 2014年
【著】 Jung Sun Hong
【監訳】紀伊克昌
【訳】金子断行

不器用な子どもたちへの認知作業トレーニング

不器用な子どもたちへの認知作業トレーニング

定価: 4,104

B5 / 158頁 / 2014年
【編著】 宮口幸治、宮口英樹

発達を支える! 子どものリハビリテーション

発達を支える! 子どものリハビリテーション

定価: 2,160

■子どもの発達を支えるために、医療の現場で、教育現場で、家庭で今日から明日から私たちができること!
    
●A5 / 90頁 / 2013年
  
【著者】 橋本圭司 (国立成育医療研究センター)
【イラスト】 茨木保

<理学療法MOOK> 15 子どもの理学療法

<理学療法MOOK> 15 子どもの理学療法

定価: 4,536

■子どもの理学療法から支援システムまでを実践的な事例を通し濃い内容で説く!
臨床現場で活用できるように、理学療法士としての評価と治療アプローチ、ライフステージに沿った理学療法の進め方、発達支援・子育て支援など、広く地域療育システムについて解説。
●B5 / 252頁 / 2008年

【シリーズ編集】 黒川幸雄(新潟医療福祉大学) / 高橋正明(昭和大学保健医療学部) / 鶴見隆正(神奈川県立保健福祉大学)
【責任編集】 井上 保 / 鶴見隆正

発達障害をもつ子どもと成人、家族のためのADL 作業療法士のための技術の絵本 実践編 

発達障害をもつ子どもと成人、家族のためのADL 作業療法士のための技術の絵本 実践編 

定価: 4,104

■子どもと家族の笑顔を引き出すOT技術書
子どもと家族の生活を「三間表」と「生活の地図」で示し,子どもと家族の背景因子を理解する中で,作業療法評価を進め,真のニーズを明確にするために「ICF」で評価の統合と解釈を行っています。つまり,評価のまとめ(統合と解釈),作業療法計画の全貌を明らかにする中で,子育て支援とADL支援に至る根拠を臨床の現場から報告いたします。

●B5 / 256頁 / 2008年

【編集】辛島千恵子(名古屋大学医学部保健学科作業療法学専攻)

発達障害をもつ子どもと成人、家族のためのADL 作業療法士のための技術の絵本

発達障害をもつ子どもと成人、家族のためのADL 作業療法士のための技術の絵本

定価: 3,456

■子どもと家族の笑顔を引き出すOT技術書
小児領域の作業療法士として30年以上の臨床経験をもつ著者が、その情熱と温かい心をもって、作業療法技術と知識の理解と活用の仕方を、次の世代に伝えたい、そして明日の発展への提案をしたい、との思いから執筆された、ADLの専門書。
●B5 / 150頁 / 2008年

【著者】 辛島千恵子(名古屋大学医学部保健学科作業療法学専攻)

広汎性発達障害の作業療法―根拠と実践

広汎性発達障害の作業療法―根拠と実践

定価: 3,672

■子どもと家族の笑顔から本当の作業療法が始まる!
  
●B5 / 200頁 / 2010年
 
【編集】 辛島千恵子
 

シェルボーンのムーブメント入門 第2版

シェルボーンのムーブメント入門 第2版

定価: 2,808

■人間関係を育む新しい運動法。待望の改訂版!!

すべての介護者、とくに両親、教師、PT、OT、MSW、保母、そして幼児教育に
携わる人びとへ。

●A5 / 158頁 / 2010年

【著者】 ベロニカ・シェルボーン
【訳者】 関口美佐子 / 平井真由美 / 衣本真理子

脳性まひ児の24時間姿勢ケア

脳性まひ児の24時間姿勢ケア

定価: 4,536

■わかりやすいイラストが盛り沢山!即実践できる姿勢ケア技術ガイドの決定版
本書では、脳性まひ児が抱える問題の一つである『移動や姿勢保持などの身体問題』に焦点をあて、姿勢能力評価および発達生体力学的原則に基づいた治療方法、さらには姿勢ケア器具を紹介。
●A4 / 188頁 / 2006年

【監訳】 今川忠男(旭川児童院副院長)

脳性まひ児と両親のための機能的治療アプローチ

脳性まひ児と両親のための機能的治療アプローチ

定価: 2,484

本書は、ボバース法やボイタ法、その他の神経生理学的治療法と比較し、検証を加えた。
●A5 / 168頁 / 2004年

【監訳】 今川忠男(旭川児童院) 【著者】 Marjolijn Ketelaar(オランダユトレヒト大学)
【訳者】 萩原幸子(旭川児童院) / 川原田里美(青森県立あすなろ学園) / 榎勢道彦(南大阪療育園) / 麻生川真里(南大阪療育園)

発達障害児の新しい療育 こどもと家族とその未来のために

発達障害児の新しい療育 こどもと家族とその未来のために

定価: 3,024

これまでの障害中心、神経生理学的治療理論中心の療育を、著者の27年の経験から再検討し、現在求められていること、すなわち「生涯教育」「こども・家族中心療育」「家庭生活機能を目指した療育」の重要性を提唱する療育、理論、技術、哲学を著者のオリジナリティーとしてまとめた。
●B5 / 180頁 / 2000年

【著者】 今川忠男

PAGETOP